公開日: |更新日:

日の光が入るサンルームのメリット

サンルームは太陽光がたっぷりと降り注ぐ空間です。設置するとさまざまなメリットが得られますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。ここでは、そんなサンルームのメリット・デメリットを詳しく紹介しています。

サンルーム

サンルームとは、庭先にせり出したガラス張りの空間のこと。ベランダ窓などを通じ、家の中から直接出入りすることができます。

「サンルーム」という名称通り、太陽光を余すことなく取り入れ、温室として利用されていたものが発展し、現代ではおしゃれな住空間になっています。

導入する場合は建築基準に沿い、コンクリートの基礎を用いて設置します。気密性・水密性を持っているなど造りはしっかりしており、増築と同じレベルの施工が必要です。

サンルームのメリット

サンルームを設置した際にはどのようなメリットが得られるのか紹介します。

明るい空間で過ごせる

サンルームを設置すると、自然光が豊富に入り込み、その光で室内も明るくなります。その明るさは、ほかの部屋と比べてみれば一目瞭然なほど。日の光をたっぷりと浴びながらくつろいだり、さらには夜空を眺めながらビールをたしなむといった日常が手に入ります。明るく開放感のあることがサンルームの大きなメリットです。

洗濯物を干せる

サンルームは、おしゃれな空間や採光、くつろぎのスペースとしてではなく、家事に役立つ空間としても利用価値があります。それは雨天時に洗濯物を干せることです。雨の日だけでなく、夜であってもサンルームがあれば人目を気にすることなく洗濯物を干すことができます。もしも湿気が気になるのであれば、除湿器をサンルームに設置しましょう。雨の日であっても湿気を帯びることなく、しかもわずかであっても日の光のもとで洗濯物を干すことができます。

遊び場として利用できる

セカンドリビングとしてもサンルームは重宝します。住空間が広がり、特に子供やペットにとっては、雨の日でも家の中で伸び伸びと過ごせる楽しい遊び場になります。晴天時には家の中にいながら日当たり良いのスペースで、健康的に過ごすこともできます。

サンルームのデメリット

サンルームはメリットが多い反面、デメリットも存在します。設置する前にしっかりと把握しておくことをおすすめします。

暑さ寒さに左右される

もともとは温室として利用され、日の光をたっぷりと浴びることを目的として造られているサンルームは、夏場は特に中が暑くなります。そのためサンルームを設置する際は、夏の間シェードを取り付けるといった対策が必要になることも。

また、家の中は快適な気温が維持されていても、サンルーム自体は外気の影響を受けやすいため、冬場は暖房器具などを置いたほうが過ごしやすくなります。

サンルーム内の寒暖差を防ぐには、ガラス自体を断熱性の高いものにするといった方法があります。

こだわり別!
青森にあるおすすめ注文住宅会社3